見逃しちゃった・・
b0002580_1425958.jpg
                         ウィンブルドン男子シングルス決勝。
    フェデラーがロディックを5-7、7-6、7-6、3-6、16-14で退け2年ぶり6度目の優勝を遂げた。

            フェデラーがロディックを激闘で下した男子シングルス決勝の計77ゲームは、
            四大大会男子シングルス決勝のゲーム最多記録。試合時間4時間18分。
            なんというタフな試合。なんという精神力。あ~ぁ、見たかったなぁ~。


            TV中継があるので、楽しみにしてたのに、この時間何をしていたのかというと・・
b0002580_175513.jpg

            娘のラックを組み立ててました・・^^; これがメッチャ細かくて大変でした。
               ドライバーのグリップを握る手に水ぶくれができそうでした(涙)
                   仕上がったのが、午前3時。ビックリでした@@






フェデラーの凄いところは小脳らしいという記事(鈴木隆太 blog)に遭遇。
小脳は頭の後ろのほうにあってバランスを取ったり、筋肉の動きを協調させて動作をスムーズに行う働きをしています。猫が高い塀から飛び降りても四足できちんと着地できるのは小脳の働きによるものです。運動神経が良いということは小脳の機能が高いということです。フェデラーが強いのも小脳の機能が優れているからだと言えます。
 
皆さんもフェデラーのようにすばらしいテニス選手になるためには小脳を鍛えないといけません。ここで小脳の鍛え方を少し紹介します。雑誌を頭に載せて片足で立って前かがみになる、つま先とかかとをつけて一本の線の上を歩く、後ろ歩きをするなどの練習が小脳を鍛えるといわれています。でも小脳を鍛えるのは本当は大変難しいものです。フェデラーは生まれつき小脳の天才なのだと思います。
by yoko59225 | 2009-07-07 01:12 | Sports
<< 今年もやって来ました Fw:速報 >>