<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
失笑・・
b0002580_1515540.jpgまたまた、櫻井さん関連で読んだ本。 短編集 『家日和』 奥田英朗
ほのぼのとしたあったかな家族のお話かな?と思ったら、さにあらず・・。やわらかな日差しを感じられるような装丁もそれを外すと下から真っ赤な表紙が現れてこの本を象徴しているような気がしました。どこにでもある日常を描きそこに毒をしのばせる・・と言ったらちょっと大袈裟かな?そう、棘のある本なのです。

『サニーデイ』 インターネットオークション(出品)にはまっていく主婦を描いているんだけど。そこかしこに、私の心情と重なる部分ありで・・^^; 
(インターネットオークションの取引後の「非常に良い」という評価に・・)『他人から褒められることのない主婦は、それだけでうれしくなる。』――なんて文があり・・私は、オークションはミスチル関連の古い雑誌を落札するくらいでオークション(出品)の部分には該当しないけど・・。この前も、バレーの練習へ何年も前に買ったベストを初めて着ていった日に「そのベスト、カッコいいっすね。」とか言われて・・まんざらでもなくにんまりしてみたり。でも、「派手」って意味かな?なんて深読みしてみたり・・。そう、褒められる事に対して飢えているというか、抵抗力がないというか・・。そんななんでもないひと言にジタバタしている自分を省みて・・櫻井さんじゃないけど、胸がチクッとしました。

この本の中の一遍「妻と玄米御飯」。 これは直接環境とは関係ないんだけど、”生活にゆとりがあってこそ”のスローフードにハマる人達を皮肉った短編で、なんか自分の事を笑われてるような気がして、胸がチクッとしました。
   
                     ――櫻井和寿 ap bank fes 終演にあたってのメッセージより
 
by yoko59225 | 2007-11-27 15:49 | Book
昨日の発見・・?
b0002580_22254014.jpg 名前 : 安全太郎
 身長 : 185cm
 体重 : 30kg
 年齢 : 37才(ミスチルの桜井さんと同い年

 名古屋のローカル番組だと思うのですが、『安全太郎』さんなる人物を紹介してました。高速道路などで工事をする際に、誘導を目的として最前線に立っている人物模型の事をいうのだそうです。そして、その太郎さんは唯一名古屋の会社が製作しているとの事でした。また、社員がそれぞれ顔を描いてるとのことで、いろんな表情をした安全太郎さんがいました。この日の番組ゲストのお二人、やくみつるさんと山崎トオルさん。漫画家でしたっけ?・・そのお二人が番組内で顔を描いたユニークな安全太郎さん↓↓ ひょっとして、どこかで出会えるかも・・?!

b0002580_22432672.jpg
b0002580_2243311.jpg

                     (注)左が山崎トオルさん作、『おねえ系』の太郎ちゃん。右の歌舞伎の隈取様の太郎さんがやくみつるさん作。

*安全太郎さんの紹介をする時に、アナウンサーから出た言葉・・「ミスチルの桜井さんと同い年」・・余りになんの脈絡もなく桜井さんの名前が出てきて・・ビックリして笑っちゃいました ^^
by yoko59225 | 2007-11-26 22:31 | TV
じぇねれーしょん ぎゃっぷ
b0002580_22183375.jpg映画もとてもヒットしているのだそうです。
携帯小説というジャンルに属するんだそうで。携帯電話でアクセスして読み進めていくんだそうな・・。娘も次に何が起こるかワクワクしながら携帯で読みすすめたとの事。私はこの映画の主題歌をMr.Childrenが歌うということで、何ヶ月か前に上下巻とも一度に購入したのですが・・。本を開いたとたん・・何?横書き??もう、とっても違和感がありました。文章も読みにくい訳でなく、さらっと読めるのですが、センテンスごとに完結?みたいな・・箇条書きのような文章で。行間を読むとか、感情移入するとか、全くもって無理でした。本を開いたその日に上巻を読み終えたのですが、そこで敢え無くダウン・・そして、現在に至る・・^^;
<Messege from 桜井和寿>
この物語はきっと、どんな人の人生とも感情をシンクロしていける、そんな力を持っているのだと思う。優しさとか、悲しさとか、寂しさとか、愛しさとか、怒りとか。人間が抱える気持ちのいろいろを。 観た人の背中を優しく押してくれるような、そんな映画です。
 
・・改めて櫻井さんの感性に敬意を表します。私も錆び付いてしまった感性を呼び起こさないと、干からびてしまいそうです^^; バザーに出す前に・・ガンバッテ ヨミキルゾ~!
by yoko59225 | 2007-11-20 22:23 | Book
この時期の必需品
b0002580_14273188.jpgこの時期、空気が乾燥しているからなのか、気温の低さが肌に影響を及ぼすのか・・。見る見るうちに手足がかさついてきます。それに対抗(?)する、この時期に欠かせないgoodsを集めてみました。

一番手前の何これ?って感じのものが『かかとちゃん』(3種)、踵の部分のみのカバーなんです。ユースキンを踵にしっかり塗りこんで、かかとちゃんを履きます。そうするとしっとりと保湿してくれます。

そして、右側の白いドライバーズ手袋(?)・・タクシーの運転手さんがはめてるような綿の手袋。私は縫い目が気になるので(寝る時だけですから人目は気にせず)、裏返して使ってます。モチロンたっぷりのハンドクリームを塗って。

さらに、お風呂上りには、尿素配合のボディクリーム。最近はこれなしでは、肌がカサカサ&かゆかゆになってしまうので、ホント必需品です。

私は甘いコーヒーは苦手なのですが、この時期甘いものを飲みたくなります。・・なので『ゆず茶』登場です。・・粉末に熱湯を注ぐだけで、とろとろの葛湯のようになって、とってもあったまります。そして甘くて美味しいのです。

そして、ほっこりあったまる音楽も。『WINTER BOSSA』・・冬に効く、あたたかいオンガク。冬のやわらかい日差しの中でホットミルクを飲むような、そんなあたたかな気持ちになれる一枚です。<CDの帯より> 
『未来予想図Ⅱ』 『すばらしい日々』 『世界にひとつだけの花』・・のBossa Novaでのカバーアルバムです。↓Sotte Bosseも参加してます。『世界にひとつだけの花』・・これがホントとってもいいのです。『未来予想図Ⅱ』を聞いて娘が一言、「ELTみたい」・・あぁ~、そんな雰囲気あるかも。ふわっとしたゆるいテイストは似通ったとこがあるかも・・です。

ジャケ買い
by yoko59225 | 2007-11-18 14:27 | Diary
なんかいいのです・・
b0002580_0404235.jpg Sotte Bosse   moment
昨日の朝の情報番組だったかな?で、チラッと紹介されたSotte Bosse その声とか雰囲気がどっか引っかかってて・・。でも、一度聞いただけのバンド名?アルバム名?を覚えられるはずもなく。その時はそのまま通り過ぎちゃったのですが。忘れていた^^;
Mr.ChildrenのDVDを買うために出掛けたCDショップで片隅に飾られていたこのCDに出会っちゃったんです。「あっ、これだ。」と、迷わずお買い上げ^^ ・・TVで流れたホンの数十秒の音だけしか知らずに。でも、なんかいいのです。肩の力が抜けているというか、自然体というか、どこかこぼれている(表現が悪いなぁ~)ような音も・・。米米クラブの 『君がいるだけで』 の ♪ たとえば の歌い出しなんて、話しかけられてるみたいな感じなの。そうそう思いがけず、Mr.Childrenの 『Replay』 も入ってました。(ちょっと得した気分・・?!) 
秀逸はスピッツの 『楓』 。乾ききった毛羽立った私の心にそっと染み入ってきました。
by yoko59225 | 2007-11-17 00:45 | Music
ひっさびさの・・
b0002580_15455426.jpgうふふのふ・・優勝カップです!!ここんとこレクバレーの試合でも混合バレーの試合でも負けてばっかだったから^^; ホント、ひっさびさの勝利です。準決勝では、一時間半のラリー戦を粘って粘って、ファイナルセット16-14での競り勝ち。そして決勝戦は2-0のストレート勝ちです(^^v この大会、一企業の冠大会で、春と秋に開催されているんですけど、今回が第69回。ってことは35年の歴史があるって事なんですよ。凄いでしょ。『名古屋市大会』のように規模の大きな大会ではなく、参加チーム数もかなり少ない(1/10以下)の小規模大会なのですが・・それでも、優勝は優勝ですからネ^^ 「試合内容は今年一だったね。」と試合後、ランチを食べながらチームメイトと勝利の余韻に浸っていました。でも、私的には課題山積!!なんですけど^^; また、明日からガンバロウ!
帰って来てから足が攣りまくり・・ふ~っ、ちょっぴり疲れました。今夜はしっかり休息を取ろう^^

ちょっと前になるんですが・・
by yoko59225 | 2007-11-14 16:16 | Sports
いつの間にか、立冬も過ぎ
b0002580_17152923.jpg<花材> 猫柳 ・ 山つつじ ・ 菊

爽やかな秋を感じられる期間がホント短かったような気がします。『秋の日の釣瓶落とし』なんて風情を感じる間も無く冬が迫ってきている気配です。

花薄に魅せられて・・
by yoko59225 | 2007-11-13 22:37 | 床の間歳時記
かなり やばいっしょ・・
b0002580_22302449.gif
b0002580_21502329.jpgb0002580_2221994.jpgBank Band / 沿志奏逢2』CD 価格:¥3,150 (税込)
Bank Band with Great Artists / ap bank fes ’07
価格:¥6,800 (税込) TFBQ-18081
内容:DVD 3枚組+ブックレット写真集(平間至氏撮影)付き
デジパック仕様  収録予定時間:約360分
★発売日:2008/1/16(水)

1.何の変哲もないLove Song (KAN)
2.ひとつだけ (矢野顕子)
3.昨日のNo, 明日のYes (GAKU-MC)
4.to U (Bank Band with Salyu)
5.スローバラード (RC サクセション)
6.遠い叫び (仲井戸麗市)
7.休みの日 (JUN SKY WALKER(S))
8.イロトリドリノセカイ (JUDY AND MARY)
9.煙突のある街 (真島昌利)
10.はるまついぶき (Bank Band)
11.MR.LONELY (玉置浩二)
12.evergreen (MY LITTLE LOVER)
13.歌うたいのバラッド (斉藤和義)
14.よく来たね (Bank Band)

この選曲・・かなりやばいっしょ。。久々に、メールチェックしてて・・^^; わぉ~!!と叫んでしまいました。



ホント・・と~~~っても遅くなりました。
by yoko59225 | 2007-11-08 21:56 | Mr.Children