<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
奥が深い・・
b0002580_2374971.jpgb0002580_2384867.jpg












b0002580_2345640.jpg

 マクロビオティック・・最近時々目にしますが、玄米食で野菜を丸ごと食べる食事の事だと思っていたら
 さにあらず・・なかなか奥の深いものでした。

 マクロビオティック・・桜沢如一が人間の心身を宇宙としてとらえ、独自の陰陽の哲学に基づき、
 食と健康を追求し、唱えた世界観。ギリシャ語で『大いなる命』の意味。

 『玄米にごま塩、具だくさんの味噌汁』、これだけでほぼ完璧な食事。なんだそうです。
 卵・牛乳・バター・肉・魚・砂糖・添加物などを使わないんだそうです。
 ここまで読んだ時、あ~ぁ、私には無理だ・・って思った。でも、
   ◆細胞レベルで、体が喜びに満ちあふれるエネルギーをもっている。
   ◆シンプルで素朴、そしてどんどん健康になる。つきつめると地球にやさしい。
   ◆自然のまま丸ごといただいてると、だんだん身体のバランスが整ってくる。
   ◆食べ方だけでなく、生き方だったんだと頭ではなく身体で解ったような気がします。

 なんて言葉に触れると、頭から無理って決めつけなくても・・無理のない程度に出来る事だけ
 取り入れていってもいいんじゃないかな・・なんて、そう思ってます。
by yoko59225 | 2006-01-27 02:35 | Book
自分のためにできること
b0002580_259491.jpg  毎日を気持ちよく暮らしていくために
  『こころとからだ』をいい状態に保つために
  自分が求めるしあわせに近づくために
  書かれている本です。
  マクロビオティックのレシピも載ってます。

  CHAPTER 14  しあわせを見つけよう  
  世の中には、ちいさいけれど価値のある
  「しあわせ」というものが、たくさんある。

  日常のちいさなことに気づいていけば、
  しあわせの数はどんどんふえる。
  どうせなら「しあわせ」は、
  毎日、たくさん、あったほうがいい。
  だから、そのためにも
  ちいさなことに目をむけて、
  自分の「しあわせ」を見つけていこう。

by yoko59225 | 2006-01-23 02:59 | Book
勉強会&新年会
b0002580_161838.jpg  
  今日、寺庭婦人会の勉強会で作ってきました。
  酒水器(仏具で、お清めに使います)の蓋に飾るものです。

  白と赤の和紙を切って貼って折って、水引で結んで。
  8mmくらいの幅にアコーデオン状に折るのですが、
  なかなか大変でした。和紙なので、重なった部分はかなり
  厚みがあり、赤の和紙からは染料が手に移り・・。
  水引にいたっては、どこをどう通って結ぶのか・・。
  
  これが完成品ではなく、もう少しひだひだを開いた形にし、
  水引の結び目も2つの形をもう少し同じように整えないと
  いけないのですが、2時間という時間内で、これが精一杯
  ・・でした。




  b0002580_1354868.jpg

  そして、場所をH.マリオットアソシアに移して『新年会』。
  カリフォルニア グリル 『ラ ホーヤ』
  とても天気が良かったので、前面全面のガラス窓から
  陽光がシェード越しに降り注ぎ、暑いくらいでした。

  画像は、パンフから拝借したものです。
  たまには、こういうところでランチ・・
  いいですね。
  

Birthday Cake
by yoko59225 | 2006-01-20 01:06 | Diary
いくつになっても・・
b0002580_1114564.jpg     ( 目に見えなくてあるもの )b0002580_1203041.jpg    
      視線  音楽  ためいき  声   
      いのち  沈黙  味
      
      すきのきもち  きらいのきもち  おいしいにおい  
      太陽のひかり

      予感  不安  嫉妬
      空想の時にみている森 や いきもの や いろいろ

      夢b0002580_1215726.jpg
                  だれにも いわない ひみつ
                  心の中の もうひとりの自分
                  どきん と する こころ
                  たましいb0002580_1404489.jpg
                         天国
                         天使たち


 あこがれくじら
  わたしの知っている「あこがれ天使」は、くじらにそっくりの姿をしています。羽もないのに風船みたいに
  空をとんで、「夢」を食べるバクみたいに、人間の「あこがれ」を食べて、ぷくぷく太っています。
  あこがれくじらは、ただ見ているだけなのだけれど、どんな小さいあこがれも、どんな悲しいあこがれも、
  全部見ている天使、なのだそうです。

 天使のきもちに感染した話 
  天使は、あたりまえのことを、あたりまえに感じることができる達人なので。天使が近づいてくると、
  そういうまる出しの気持ちというのに感染してしまう。そして知らないうちに、自分の方も、自分の
  心の奥の方に水のように流れている「あたりまえの気持ち」に気づいたりするそうです。

 詩の天使
  詩人の友だちは、詩を見つけるために、空にむかってあんぐり口をあけて待っているのが、クセです。
  「詩は、風と一緒に吹き飛ばされてきたり、空から雪のように降ってきたりする」
  ――からだそうです。
  友だちは、天使が詩の種をどこかでまいているのだ、と言います。

 あとがき
  天使と人間がもっと仲良くなれたらいいなあ、という気持ちをこめて。
  見える世界と見えない世界の両方に足をつっこんで、地上からいろんな天使が見つかりますように。
       
                          ( 天使のみつけかた  おーなり由子 著 より )

  いろんなところに、いっぱいいる天使を見つけるコツも、紹介されています。読んでみてください。

  やわらかい色とことば。さりげないイラストでつづられている、おーなり由子さんの本。
  いつもゆったりとした時間とやさしい気持ちを連れてきてくれます。

そう、いくつになっても・・
by yoko59225 | 2006-01-15 01:11 | Book
所変われば・・
b0002580_23545545.jpg

  名古屋の『おでん』、今夜の我が家のメニューです。何故おでんの画像をUPしたのかと言いますと・・
  かなり地域によって、具材もそうですが、ダシの色が違う事にBlogを通じて出会い驚いたからなのです。

  riekoさんのBlogへ・・こちらは、奈良のriekoママの『おでん』です。愛情たっぷりのおでん・・
  ですが、ハンバーグとおでんという取り合わせにはかなりビックリしました・・。
  違いは、なんと言っても、ダシの色!!濃い口醤油を使わないのですね・・。ビックリです。
  riekoさん、その後・・ダイエット・・順調ですか?


  simpleさんのBlogへそして、こちらが関東在住のsimpleさん家のおでん。おしゃれなおでん・・
  ですよね。たくさん作って、また明日も食卓にのぼるというのは変わりないのですが・・。
  こちらもやっぱりダシが違う。関東と関西で同じようなダシって事は、違うのは名古屋だけ・・?

  名古屋には、味噌おでんと言って、赤味噌でグツグツ煮込んじゃうおでんもあるのですが・・
  他の地域の人が見たら、やはりビックリ・・なんでしょうね。(私は作らないですが・・)

b0002580_0324977.jpg
  このお味噌を付けて食べたりもします。やっぱり、赤味噌です。
  私はコチュジャンの入った辛いほうが好みです。
  以前は、赤味噌をみりんで伸ばして作ってましたが、
  これが出てからは、もっぱらこれです。
  手間要らずなので・・^^;

b0002580_23512926.jpg


  大根を煮る時は、皮を少し厚めに剥いて、大根の皮と葉っぱで
  きんぴらを作ります。(今日は彩りに、人参も入れてみました)
  おでんに大根は欠かせないので、いつもセットメニューですね。
by yoko59225 | 2006-01-11 23:49 | Foods
万博の次はこれ・・らしい
b0002580_2345388.jpg

b0002580_22374397.jpg
  戦災により消失した『本丸御殿』の復元が計画されているようです。
  『本丸御殿』・・将軍専用の御殿なんだそうです。
  京都の二条城二の丸御殿と並び称されるほどの優れた建物だったそうです。
  名古屋の魅力を向上させ、未来に引き継ぐ、新たな名古屋のシンボルを
  目指しているんだとか。

  名古屋に暮らしていながら、『本丸御殿』に関しては、全く知識なしでした。
  今回の基金についても同様です。区役所に用事があり、そこで知りました。
  振込み用紙は手元にあるのですが・・う~~ん、どうしよう。
b0002580_22383772.jpg

by yoko59225 | 2006-01-09 23:17 | Diary
万年青
b0002580_17214963.jpg  <花材> 万年青(おもと)
   お正月には万年青を生けます。
   万年青という名前が不老長寿に繋がり
   縁起がいいとされています。
   花屋さんからこういう状態で届きます。
   葉が10枚・・長いのと短いの、幅の左右の具合を
   ちゃんと取り混ぜて組み合わさっています。
   普通、葉ものは奇数枚で生けるのですが、万年青だけは、例外で、偶数枚(10枚)です。
   (モチロン年末に生けます。万年青はすっごく持ちがいいので一月中、床の間を飾ってくれます)

   
b0002580_17204242.jpg




b0002580_23385991.jpg   <花材> 梅b0002580_23403142.jpg
         老松
          菊
   こちらは、広間のお花。
   梅は矯めす加減が難しいです。
   あまり粘りがないので、度が過ぎると
   ボキっと折れてしまいます・・^^;
   
     (今回の画像は携帯で撮ったので、ちょっと小さくて・・m(__)m)
by yoko59225 | 2006-01-08 17:23 | 床の間歳時記
イチロー 母校で始動 
b0002580_12235698.jpg
                                    <1/4 中日新聞より>

  今オフから、大リーガーを含め、現役選手は、技術指導をしないという条件付で
  出身校で後輩と練習できる事になったそうです。

  「一緒に練習できるのはいいこと。僕にとってもいい練習になる。」とイチロー選手のコメント。
  
  条件付とは言え、超一流の選手の練習を、肉体を、存在を間近で見ることが出来るということは、
  とっても素晴らしい事。そして、とっても刺激になる事ですよね。
  後ろで見つめる高校球児たちの表情が、それを物語っているように思います。

  以前にもUPしましたが、イチロー選手は、息子が通っていた高校 愛工大名電高校の出身です。
  とは言っても、息子はテニス部で、野球部とは何の接点もないのですが・・^^;
by yoko59225 | 2006-01-04 12:24 | Sports
A HAPPY NEW YEAR
b0002580_203023.jpg

                       今年もヨロシクお願いします。
by yoko59225 | 2006-01-02 02:00 | Diary