ap bank fes '07
b0002580_11385673.jpg掛川の駅を降りてから、ず~~~~~っと人波に圧倒されながらも、列は整然と進み、やっとゲートをくぐりました(^^♪ ・・す、すっごい人です^^; 今までよりさらに人の数がレベルアップ(?)しているのでは。 今回中止になってしまったフェスに参加予定だった方々が、ライブ会場には入れなくてもフェスを味わうため、会場に足を運んで来ているということなのかも(ミススピさんのように)。さて私は、時間も無く人波に圧倒されたこともあり、タワーレコードのブースにだけ寄り、登坂亮太さんのCDを購入。そして、ミネラルウォーター片手にライブ会場に直行です。昨日までの雨のため足元の芝生がしっとり濡れています。上を見上げると、空模様は台風一過の青空。・・ではなく、雲が重く垂れ下がっていました。
ブロック別に指定された広場に落ち着くと程なく、Bank Bandが登場してきました。笑顔の櫻井さん、「今日が初日であり、最後の日。サイコーの一日にしたいと思います。付き合ってください。」の第一声で始まり、「皆さんとの出会いの一曲目を作ってきました。危うく、発表の機会も無くお蔵入りするところでした(笑)。でね、晴天の時と雨の時と2バージョン作ってきたのに、どっちでもないんだ。」(爆) なんてMCに続きオープニング曲。『よくきたね』 
         よくきたね 大変だったんじゃない 
          遠方から 疲れちゃったんじゃない
          こんなに良いお天気だから 今年もいっぱい遊ぼう

優しく見つめてくれている瞳を感じるような、とってもあったかい歌でした。もう他に何にもいらない。櫻井さんの笑顔に出会え、この曲が聴けただけで私は大満足です。
                             
詳しいセットリスト等、フェスの全体像はこちらのブログにお任せして、私は私のこころに響いてきた事をUPすることにしますね。すると、どうしても櫻井さんの話題になっちゃいます。いつもの事ですが・・^^; 一日だけでもフェスを開催する事が出来た事について、「何に感謝すればいいのか解らない。」と言ってました。人事を尽くして天命を待つ・・そんな心境だったんじゃないかな。そして、「初めの数行が今の気持ちと重なる。」的ニュアンスのMCで歌い始めた曲が玉置浩二さんの  『 MR.LONELY 』
    Woo...  Woo... Woo... Woo...
      こんな僕でもやれることがある
      頑張って ダメで 悩んで 汗流して できなくって
      バカなやつだって 笑われたって 涙こらえて
      何もないけど いつでも野に咲く花のように
      君が優しかったから 僕は 元気でいるから
早速ネットで検索してDLしました。とってもやさしくストレートに言葉が伝わってくる歌でした。
yasukoさん、安心してください。櫻井さんはとっても元気で相変わらずとっても素敵な笑顔でしたから。
そうそう、盛り上げ番長KREVAとのコラボ 『 くればいいのに 』 あなたがくればいいのにの歌い方がとっても切なくって・・胸にグッと迫ってきました。モチロンDL済です(^^♪

Mr.Childrenのセットリストは、とっても意外でした。デビュー前に作った曲 『 風 』 から始まり、『 未来 』 そして、『 抱きしめたい 』 ♡♡・・会場からは「きゃぁ~~」という凄い歓声でした。台風によりフェスの開催が危ぶまれていた頃に(心境とリンクするところがあったのでしょう)「鼻歌のようにず~っと口ずさんでいた曲、まだ封書が62円だった頃」というMCで会場からは意外というような「え~~っ」という歓声が上がってました。 いい事ばっかある訳ないよ それでこそ 『 my life 』   その後の 『ひびき』 君が好きで 君が好きで もう完璧にノックアウトです。『 I'll be 』 想いが爆発したかのようなシャウトもめちゃくちゃカッコ良かったです。次の 『通り雨』 の時(ちょっと記憶が曖昧ですが)にアクシデントが。桜井さんがロングのネックレスをギター交換の時に絡ませちゃったみたい(遠くの私のとこからはそんな風に見えました)で、「ゴメン、みんなで歌って」ってボーカルを私たちに託したんですよ。そしてもうひとつのアクシデント。小林さんが 『 しるし 』 の時に音を外して・・おや?って思っていたら途中で止まっちゃいました。すると桜井さんが「みんなで歌おう」と独りギターで歌い始め、その後バンドが音を重ねていきました。その音の移行がなんだかとっても優しく、音を慈しむような素敵なアレンジに聞こえました。ラストは 『 空っ風の帰り道 』 今日の日が終わる また来年も会える 「きゃ~~~ぁ」・・また来年もフェスをやってくれるんだという感激の歓声でした。
アンコール、全ての出演者を呼び込み全員での 『 to U 』 ・記念撮影・花火と続き規制退場でENDでした。

やっぱり今年は特別に凄い人出だったんだ。1年目が2万人。2年目が3万人。今年はいったい何万人?!Yahoo!でこんな画像を見つけました。
b0002580_11211783.jpg

             ◆INFO. ap bank fes '07 オンエアー決定!!◆
            9月22日(土) 22:00~25:00 スカパーTV フジテレビ721

ap bank fes は、単なる楽しいだけのイベントじゃない。環境問題にアプローチして、問題を提起し関心を喚起する。そこに音楽を通じレゾナンスが広がってゆく。そして一人一人の心の中に芽生えた環境への意識をそれぞれが見つめ考え、一人一人がそれぞれに出来る事を続けていく。そういう意識が会場に流れ繋がっているから、アーティストもオーディエンスも自然とやさしい笑顔になるのかなって気がしてる。そういうフェスの雰囲気がレミオロメンの藤巻君の「僕で何か役に立てれば・・」という言葉になって表れてくるのかな。彼は、中止になってしまった初日のバンドアクトでの出演予定だったのですが、16日の開催決定後、小林さんに直接電話を掛け、この日の独りでの出演が決まったそうです。その彼の言葉。「気持ちだけで来てしまって・・めちゃくちゃ緊張してます。」そして3万人以上のオーディエンスの前で、たった独りでのギターの弾き語りによる 『 粉雪 』 とっても熱いものを感じました。私の周りでも「藤巻って良い奴じゃん」なんて声が上がっていました。これも、ap bank fes ならではのエピソードじゃないかな。

そして、我が道を行く・・独特の美意識を持っているKANさん。もう、登場したとたん大爆笑です。なんと、アメフトのコスチュームでの登場で。それも、眩しさよけの目の下に貼る黒いシール(?)までのフル装備です!櫻井さんに「その肘当ては必要ないんじゃない」なんて突っ込みに、「ピアノの角にぶつけるといけないので」とすぐさま切り返していました。どうして背番号44なのかな?って思っていたら「こんな私も44才です。」(そうだったんだ、謎が解けました)そして「こんな私に何かひと言」って櫻井さんに迫ってました。櫻井さんは「尊敬します」って。もう、トークではKANさんの独壇場でした。そんな朗らかな雰囲気の中、「作ってすぐ櫻井君が気に入ってくれた曲」と言って始まったのが『世界でいちばん好きな人』・・このフェスにピッタリのとっても素敵な歌だとあらためて思いました。そしてKANさんが舞台袖に下がった後、破顔の櫻井さんが「さっきまで赤いポロシャツを着て、首にはタオルを巻いていたんですよ。」と舞台裏のこぼれ話を披露してくれました。櫻井さんにもナイショのサプライズだったんですね。サスガKANさん芸が細かいです。




b0002580_13181445.jpgb0002580_14614100.jpg








購入したのは登坂亮太さんのCDですが、欲しかったのはオマケの缶バッチだったり・・登坂さんゴメンナサイ・・m(__)m

そうそう、ゲートをくぐる前に見つけちゃいました。⇒
by yoko59225 | 2007-07-16 11:38 | Mr.Children
<< かんじんなことは目には見えないんだよ 「人」の、生のふれあいの現場へ >>