“美しい” は ”若い” という意味ではない
b0002580_2554286.jpg “美しい” は ”若い” という意味ではない。
 年齢を重ねたら、知性、教養、経験ある大人の女性の
 美しさをめざす。
 小さなシミや小さな毛穴を気にして、ひとつひとつカバー
 する必要はない。
 流行の色を揃えてメイクのテクニックを磨く必要もない。
 それより、楽しい時は心から楽しむ。
 落ち込んだ時は、その気持ちを引きずらない。そして、
 自分が本当にやりたいことをやる。
 人生をポジティブに生きる事が、自身の顔を美しく輝か
 せる事に繋がる。
 「美しくなりたい!」という信念があれば何歳になっても
 女性は美しくなれる。気がついた時が適齢期。
 今この時の自分をありのままに受け入れながら、きれい
 になる努力を惜しまない。
 自分磨きは何歳からでも遅くない。

 『きれい』という雑誌に載っていた素敵なことばの数々。田中宥久子さん、この表紙の女性。
 なんと還暦を迎えるんだそうです。そして、「顔筋マッサージ」というものが紹介されていました。
 毎日3分でたるみが消える・小顔になる・・との事。TRYしてみようかと思ってます(^_-)-☆
 (使用前・使用後の写真のUPは控えます・・^^;)
 シミやしわがあったって良いじゃない。年齢を重ねた美しさを表せば良い。なんて言ってもらっちゃうと
 なんだか嬉しくなっちゃいます。そう、この年になって無理して若作りする必要なんて無いですもんね。
 今まであまり手をかけてこなかったお顔のお手入れですが、少し気合を入れてみようかな。
by yoko59225 | 2006-11-05 02:55 | Diary
<< 悩むのです・・ 『幸福のヒント』 >>