終わったのは夏だけで、まだまだ続いていく。
b0002580_1293679.jpg 「大変だったでしょー?」
 いろんな人がそう声をかけてくれる。
 うん!大変だったよー 凄く大変だった。
 大変だったけど、このイベントを一番楽しんだ
 のは僕だと思う。間違いない。

 分かるかなぁ?「一部」になったり、「僕ら」に
 なったりしたんだよ。最高にap的でしょー。
 心から今幸せを噛み締めてます。
 参加してくれてた沢山の方々、ありがとね。
 それから残念ながら会場に来れなかった方々、
 また今度逢おうね。
 思いはつながってるからさー。
         message from 櫻井和寿


 『幸せの黄色い封筒』届きましたネ。
 会報を読みながら、ap bank fes を思い返し 
 再びこのmessageを噛み締めています。
 この記念写真には、ぷれおさんもお嬢さんも
 そして、私も写ってるんですよ (^_-)-☆
  真夏の夜の夢のようなシアワセなひと時が、今また鮮やかに甦ってます。
  ap bank fes '06 のスカパーでの放映日(23日)が迫ってきました。とっても楽しみです。





b0002580_2144125.jpg
 「ap bank fes '06 で『ストレンジカメレオン』を演奏した時の
 バンドの一体感。そして、それがジワジワと会場全体に広がって
 伝わっていく感じ。異様に心が高揚したの。身体も自然に音楽に
 シンクロしていく感じ。『ストレンジカメレオン』は僕が作った曲じゃ
 ないけれど、「僕ら」の歌なの。この曲の中にはMr.Childrenの
 メンバー4人でしか共有できない何かがあるんだなぁ、きっと。
 まだまだ続いていく。バンドは、音楽は、続いていくんだっていう
 その確信があるの。やりたい事、今の自分たちに足りないもの、
 これをやったら面白いぞって思えるものをたくさん見つけたんだ。
                ・・could be anything より



  以前にスガさんとの対談で、レコーディングの過程が一番楽しめるっていうようなことを言ってたけど、
  ライブは、『未だ絶頂知らず』だと・・。でも、このコメントを読む限り『到達』したのかな?って。
  今までに感じなかった何かを感じて、それを自分のものにしたいという気持ちが企画させたという
  ZEPP TOUR。そこに参加できる身に余る幸運を噛み締めています・・m(__)m

  昨日から、ずっとピロウズを聞いてます。とっても好きです。なんだか懐かしい音なんですよ。
  上手く説明できないんですけど・・陽水の「あかずの踏み切り」とか、拓郎の「人間なんて」とか、
  フォークにどっぷり浸っていた頃に初めてビートルズの歌に接して感じた新鮮な驚きを思い出すんです。
  何故だかは解りませんが・・。
  そして、『ストレンジカメレオン』 Mr.Children のと the pillows のとは、趣を異にします。
  よりハードな、Mr.Childrenのアレンジの方が好みですが、聞き込んでいくうちに、 the pillows の
  押さえ気味のアレンジもなかなか捨てがたくなってきました。今は、どちらもとっても好きです。
  
by yoko59225 | 2006-09-12 01:19 | Mr.Children
<< BREAK TIME や、やったぁ~~~!!! >>