卒業式でした
b0002580_0584978.jpg


  娘の中学校の卒業式でした。穏やかな暖かい、式典にはもってこいの日でした。
  204名の卒業生。(私の頃は42名の11クラスで462名位だったから、半分以下なんだね)

  『当たり前の事が、当たり前にできるように。もったいないという事を意識して生活が出来るように。』
  との校長先生の式辞をいただいて、在校生の送辞、卒業生の答辞と続きました。
  (余りに型どうりで、なんの感慨も無く・・)
  そんな時、4年前の息子の卒業式で卒業生代表の女の子が自分の言葉で素直に想い出を
  語っているのがちゃんと伝わってきて、ウルウルした事を思い出しました。とても素敵な答辞でした。
  整った言葉を並べ、間違いなくスラスラと読むだけでは何も伝わってこないって事を強く感じました。
  
  そして、卒業生が歌う卒業の歌 『大地讃頌』 。今時の定番ソングなんだってね。ですが、私は
  まったく知らなかったです。雄大な感じの歌でした。
  それから、在校生が歌う送別の歌 『旅立ちの日に』 。どこかの校長先生だった方が作られたとか。
  こちらも卒業式の定番ソングだそうです。この曲は以前に聞いたことがありました。

  春からは、仲の良かった友達とも別れ、それぞれの高校へ・・。そんな思いもあってのことか、
  娘は、涙に濡れていました。そんな表情を見て、素敵な中学校生活を送ることができたんだなぁ~
  なんて感じてました。  (卒業・・オメデトウ)     
by yoko59225 | 2006-03-08 00:59 | Diary
<< SOUL MATE なかなか重荷なのです・・ >>