ローカル情報 あれこれ
 <中日新聞より>
 愛・地球博の会場内に設置された『愛・地球博郵便局』で、万博の記念切手やハガキなどの
 オリジナル商品が人気を呼んでいる。
 なかでも、その場で撮影した自分たちの写真を切手にできる世界で一枚だけの
 「写真付き切手シート」が人気。プリクラの要領で、台紙も4種類から選ぶ事ができる。
 また、何人で撮ってもOK。

 ◆ 写真付き切手(シール式)シート 4枚1組 500円。
 ◆ 絵入りハガキ(リニモやパビリオンをデザインした絵ハガキ) 5枚1セット 350円
 ◆ 「窓メール」(下部分が会場などのイラスト入り半透明フィルムのハガキ) 1枚 200円
 ◆ 万博記念切手セット(台紙を開くとマンモスのイラストが飛び出すもの) 1セット1000円
 
 長久手会場の西ゲートにある郵便局本局では、モリゾーやキッコロのぬいぐるみを抱えて
 切手用の写真を撮る人たちが列をなしている・・とのこと。

  <中日新聞は 愛・地球博 オフィシャルパートナーです>

 全国紙には載っていない情報かな・・?と思ってUPしてみました。
 
 b0002580_18324214.jpg
 これらも、中日新聞販売店よりいただいたモノ。
 ミニタオルハンカチ ・ チケットホルダー ・ メモ
 (中日新聞を契約している各家庭にもれなく
  配られたのでしょう・・)
 
  ひとり言 「チケットホルダー・・
        どうしろと言うのでしょう・・。 
        首から提げて・・」



 追記 5/24 AM 11:00 の状況
         大地の塔     70分待ち 
         長久手日本館 120分待ち
         三井・東芝館  200分待ち

         ドイツ館     120分待ち  (何があるんだろう・・?)

  資料を調べてみました。

  <ドイツ館> b0002580_13324517.jpg
   館内をキャビンに乗って走行しながら自然との共生を体感。
   目玉は「ライド」と呼ばれるハイテク機材で構成された軌道システム。
   全長300mの軌道上を走るのは、透明な水滴型のキャビン
   「エクスペリエンス・ドロップ」。一度に6人まで乗ることができ、
   スペクタクルシーン(稲妻・雷鳴)など鑑賞することができる。
   さらに、「エクスペリエンス・ラボ」では、バイオニクスの実験に参加することもできる。
   

  ◆◆ドイツ館とフランス館共有のスペース「コモンハウス」を設け、ミシュランの3つ星を獲得
     した「ル・グラン・ヴェフール」の料理長が美食のレストランを開設。


  なんだか、また地球博に行きたくなっちゃったな。殆どのパビリオン 見てないことだし・・。

b0002580_1532955.jpg
              5月23日午前9時半ころ、入場者が500万人突破だそうで。
  23日午前9時~正午までの約十万人の入場者を対象に10人を、コンピューターで無作為抽出。
  記念品は、500万人認定証 ・ 人気パビリオンに優先入館できるパスポート ・
         「モリゾー」 「キッコロ」の縫いぐるみ ・ 会場内での二万円分食事券

  唯一の特賞は、屋久島の旅行券。      ということだそうで・・屋久島・・(憧)
by yoko59225 | 2005-05-23 20:34 | Diary
<< Rose Rosa ・・IX... 生きて死ぬ智慧 >>