なんとも、まぁかわいい
b0002580_16474185.jpg
                       【PATi-PATi 】 MAR 1994 Vol.111

                 ナカケー  「4歳のときで、一緒にいるのは弟(左)。
                         たぶん長崎の親戚の家ですね。」

                 健ちゃん  「この写真に写っている場所は、福岡のイナカ。
                         僕が3歳のときだと思います。」

                 JEN     「象が好きで、ずっと象のところから離れなかった。」
                         3歳のとき、上野動物園でのワンショット。
                         
                 桜井さんだけ、写真の説明的コメントがありませんでした。
                         「子供のころは、よくいう”ワンパク系”で、
                          いたずらもよくしました。」
                 このかわいいベイビィこそ、のちの桜井”笑顔で恐るべし”和寿、なのでありました。
                 と、森田恭子さんのスンバラしいキャプション付きでした。


b0002580_12425110.jpg

                 森田さんはこんなことも記されていました。
                 ここ数ヶ月の間に、Mr.Childrenは変わった。顔つきも態度も発言も、
                 彼らはそれぞれに個人的自覚を積み上げつつ、さらにずいぶんと
                 正直になってきたような気がするのだ。笑う、悲しむ、憤る・・・・
                 いろんな感情のバランスを美しく混乱させながら、4人は今、
                 次なる新しい音作りに立ち向かおうとしているところだ。

                 インタビュアーは、森田恭子さんでした。ならではの記事です。ハイ。






b0002580_1222527.jpg
                    『Mr.ChildrenのChild時代』とのタイトルが付いていました。
by yoko59225 | 2011-01-27 16:47 | Mr.Children
<< 美味しいかな? K・T・G!「怪我なく・楽しく... >>