にゃん・にゃん・にゃん
b0002580_23175311.jpg


b0002580_23185673.jpg


b0002580_23495263.jpg


b0002580_22294230.jpg
 

b0002580_2230337.jpg
 


b0002580_23395863.jpg


b0002580_23481490.jpg


  
       
       朝、軒下の壁のすきまに生まれて間もないような子猫ちゃんが3匹いるのを娘が見つけました。
       昼になっても夕方になっても親猫らしき姿が見えず・・夜に娘が連れてきちゃいました。
       翌日、ホームセンターが開くのを待って、ミルクなど必要なものを買い揃え飼育準備を整えて
       3時間おきの粉ミルクでの授乳。娘は、もう張り切っちゃって、すっかりお母さん気取りです。
       育児放棄だと思って保護したのです。・・ところが、次の日のお昼頃、猫の鳴き声。。
       覗いてみると、子猫ちゃんたちがいた辺りに寝そべって、猫が鳴いてる。母親猫?
       育児放棄じゃなかったの・・?娘の早とちりだったのでしょうか・・^^;
       のら猫ちゃん(・・とは言っても、おばあちゃんに餌をもらってて、今は娘が引き継いでる猫一家)の
       長女(?)でした。連れてきちゃった子猫ちゃんたち3匹は彼女の子供だったようです。
       でも、時すでに遅し・・。人間の臭いが付いた子猫ちゃんたちを、親猫のとこに返す訳にもいかず・・
       家で飼うことになってしまいました。
by yoko59225 | 2010-08-25 23:48 | Diary
<< 上半期 お菓子 オブ ザ イヤー 最終日 >>